Abdoulaye konat%c3%a9  un cerf volant pour les enfants de mon pays  2019

  • 2021.02.21
  • アブドゥライ・コナテ 個展 - The Diffusion of Infinite Things -

STANDING PINEでは、3月6日(土)から4月10日(土)まで、アブドゥライ・コナテの日本初となる個展「The Diffusion of Infinite Things」を開催いたします。コナテは1953年にマリのディレ圏に生まれ、バマコ国立芸術院、そしてキューバのハバナのアルテ研究所で絵画を学んだ後、再びマリへ戻り現在はバマコを拠点に活動しています。自らが関心を持つ現代の政治や環境、社会問題をテーマに、アフリカの文化や伝統に基づいた抽象かつ具象的なモチーフが組み合わされた色彩豊かなテキスタイル作品を制作し、アフリカ現代アートシーンにおいて最も重要なアーティストの一人として知られています。ヴェネツィア・ビエンナーレ(ヴェニス)、ドクメンタ(カッセル)、ダカール・ビエンナーレ(ダカール)などの国際展に参加、メトロポリタン美術館(ニューヨーク)、スミソニアン博物館(ワシントン)、ポンピドゥー・センター(パリ)、森美術館(東京)、アルケン近代美術館(コペンハーゲン)、アフリカ博物館(ベルク・エン・ダル)などの世界各地の美術館にて作品を発表し、その作品は多くの主要な美術館に収蔵されています。2020年には、ポンピドゥー・センターで開催された「Global(e) Resistance」展に参加、またツァイツ・アフリカ現代美術館(ケープタウン)のBMWアトリウムで4階建ての高さに及ぶ大規模インスタレーションを発表するなど、益々国際的な評価が高まっています。本展では、2018年から2020年に制作された新作に加え、2005年に制作された歴史的に重要な作品「Les boutons d'amour(愛のボタン)」を日本初公開いたします。

https://standingpine.jp/exhibitions/21

※開廊時間は18:00までに短縮しております。
※新型コロナウィルスの影響により会期や営業時間が変更になる場合があります。
   詳細はホームページでご確認ください。
※ご来場の際は、マスクの着用をお願い致します。