EXHIBITION

  • CURRENT EXHIBITION
Years later06

  • 平川祐樹
  • Years Later
  • 2019.09.14 Sat - 2019.10.14 Mon
  • レセプションパーティー:9月14日(土) 18:00 (作家在廊予定)
    • 平川祐樹アセット 1

STANDING PINEでは、9月14日(土)より平川祐樹の個展「Years Later」を開催いたします。

平川は1983年名古屋市に生まれ、場所や物に宿った時間をメディア考古学的な視点を通して作品化してゆくアーティストとして知られています。2011年より2016年までドイツを拠点に活動し、帰国後は愛知県を拠点に活動しています。近年取り組む世界中の失われた映画を扱ったシリーズ「Lost Films」は、ロッテルダム国際映画祭(オランダ)やオーバーハウゼン国際短編映画祭(ドイツ)にて招待上映されるなど国内外で高く評価されています。

本展では、新シリーズとなる「Years Later」を展示いたします。失われた日本映画の調査をする中で、平川はとある事実に気付きました。それは、戦前日本映画の本編フィルムの消失率が高いにも関わらず、それらの映画に関連したブロマイドやスチル写真が未だ大量に現存するという事実でした。それらの関連資料を入念に観察し、映画内で使用されたであろう舞台装置をスタジオに再現しました。しかし、作家が目指したのは舞台装置の完璧な再現ではありません。100年以上前の舞台装置を再現する過程でどうしても発生してしまう「差異」、その歪みの中にこそ作家のイマジネーションは刺激されました。

登場人物たちの立ち去った後の舞台装置。写真として今なお残る、かつて存在したはずの空間。そこには様々な物語の残骸が散らばっていました。作家はそれらの残骸をつなぎ合わせ、新たな物/語を構築しました。何年もの時を経て、再び語られる歴史の断片。それらは、平川の手によって謎めいた静謐な映像世界となって甦ります。